カラオケ・ニュードレミファ蒲生店ブログ

スタッフによるカラオケ・ニュードレミファ蒲生店
の紹介。 近所のお店や名物なども日記形式で
つづっていきます。
ぐるなび→http://r.gnavi.co.jp/e500000/

2013年02月

店長の小林俊男です!!

『人の心に灯をともす』より、
北海道の登別温泉に1200人収容という世界最大の旅館、第一滝本館があります。
昭和2年に南外吉(そときち)という人が、買いとった物です。
南外吉は、水運会社を経営してましたが、台風で洪水にあって倉庫も船も流され
無一文になりました。
困った外吉は、風呂屋の三助さんをすることになりました。
ところが公衆浴場が閉鎖となり、辞めさせられました。
今度は土地を借りて大豆の作付けをやりましたが、大雨で全然収穫ができなくなって
無一文どころか借金を抱えてしまいました。
その後、駅前の旅館で働き吹雪の中ずーっと立って客を待っていたそうです。
それをいつも見ていた、鉄道会社の社長が売りに出ていた旅館の経営を外吉に金を貸して
やらないかと持ちかけたそうです。
そしてスタートした時、旅館5部屋だったものが、400部屋になったそうです!!

頑張ろう


by 店長店長アイコン   

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

「人の心に灯をともす」 より〜。
スポーツの試合において、選手が必死の形相をしていないと怒る監督がいる。
試合前に笑い声が出たりすると、真剣さが足りないと思ってしまう。
しかし陸上競技においては、「笑いながら走れ」 という指導法があるくらい、リラックスすると
不思議に記録が出るという。
「真剣」 と 「深刻」 とは違う
ことにあたって真剣さは必要だが、深刻になってはいけない。
せっぱ詰まったときほど、ゆとりがあるといい。
頑張ろう


by 店長店長アイコン

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

『人の心に灯りをともす』 より
「親や年長者に挨拶をする」 「弱い者いじめはしてはいけない」 という教えには、
「なぜそうしなければならないのか」 という理屈はいらない。
「精神がきたえられていない幼い子供をみればわかるが、自分の感情のおもむく
まま、喜怒哀楽を感じたままに動く。

頑張ろう


by 店長店長アイコン

こんばんは!!
ドレミスタッフの林です。
最近はみなさまは何をしてるんですかあ??
林は毎週スノボに行ってます。
一週間ほとんどなんて事も...

201号室に、な、なんと シャンデリアが入りました
一気にゴージャスになりましたよ
壁紙ともマッチしていて、とてもいいです!!
みなさんもクロッソのお部屋を御利用になってみて下さい
ドレミでお待ちしています。


by 林

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

『人の心に灯をともす』より、
商売において、正攻法で一位になるのはかなり難しい。
しかし、商品分野や販売地域を小さく狭めたり、商品を絞り込んだりすれば
その可能性はぐっと強まる。
競争相手が圧倒的に少ない、まだ未開の市場や見捨てられた分野、
ナンバーワンになることの最大のメリットは、人に覚えてもらえる事。
一位になれるような分野と地域を選び、この競争社会を乗り切りたい

頑張ろう


by 店長店長アイコン   

 

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です。

童門冬二さんいわく、
どうしても!物事を深刻に捉えてしまう人がいる。
相手のミスや失敗をすぐに怒ったり、責めたりするタイプだ。
いつも眉間にしわを寄せたような深刻な生き方には、遊びや余裕が
感じられない。
何か大事件や困難なことが生じても、一瞬の間をおいて洒落や笑いで返す。
その返し方によっては、そこに笑いが起こる。
誰もが怒ってしまうようなこと、みんなが不快になるような事を
洒落や笑いで返せたら人生はもっと楽しくなる。

頑張ろう


by 店長店長アイコン

201号室は、黒とグレーを基調とした、メタリックな雰囲気のお部屋になりました。
照明も色調にあうように、シャンデリア風のものにしました(^-^)/
画像1

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

福田健さんいわく、
人の話を聞くのは黙ることではない。聞くとは返すことである。
話し手としては、反応が返ってくるから手応えを感じ、次の言葉が浮かんでくるのである。
また 〔世襪ど従陲鬚弔ること。
   ⇒彌衢彌蠅任Δ覆鼎こと。
   B臉擇世隼廚辰寝媾蠅魯瓮發鬚箸襪海函
この三つを実行すれば、あなたの人生は変わる

頑張ろう


by 店長

カラオケで日本を元気にしたい!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

川北さんいわく、
このところ挨拶がロクにできない人間が増えている。
これは問題だ
挨拶はその人の人格を表す。
決して軽く見てはいけない。挨拶とは「相手の心」を聞くことである。
人と人との出会いは対決、勝負でもある
ロクに挨拶ができないことはケンカを売るようなものだ。
心の底で思っていることと別でもかまわないのだ。
勝手気まままにやらせたら、社会の秩序が保てなくなる。
だからルールを作った
いってみれば挨拶とは人間社会のさまざまなルールを「私は守ります」という意思表明のようなものといえるだろう。

頑張ろう

by 店長

このページのトップヘ