カラオケ・ニュードレミファ蒲生店ブログ

スタッフによるカラオケ・ニュードレミファ蒲生店
の紹介。 近所のお店や名物なども日記形式で
つづっていきます。
ぐるなび→http://r.gnavi.co.jp/e500000/

2013年05月

店長のこばとんです

人の心に灯をともすより〜

進学、就職、結婚、健康、お金、人間関係、会社等々、人生は志と違って
うまくいかないことも多い。
しかし大事なことは、うまくいかなかったときの対処の仕方だ。
不平不満や、文句を言ったり人のせいにしたりしているうちは、事態はなんら
変わらない。
どうにもならない絶望的な時、そこに一筋の光を見出すことができる人は、
いつか人生の花も咲かせることができる。
まかれた種は、文句を言わず、その場でただひたすら咲くしかない。
置かれた場所で咲く花は、強く美しい

頑張ろう

by 店長店長アイコン

店長のこばとんです!!

斉藤一人さんいわく、
要するに、女性というのは男より精密に出来ているのに、
男より壊れづらいんだよ。
実際、女性の方が長生きですし、女性が丈夫だというのは
納得のいくところです。
精密でありながら壊れにくい。
そんな女性に男性は勝てそうもないということです。
元々女性が優位となる時代になるのは当り前だというわけです。
女は男より強い
これからの時代を知るのに、この認識は基本となります。
女性の強さを踏まえた上で、男性諸君これからの生き残り戦略を
考えていきましょう

頑張ろう


by 店長店長アイコン

店長のこばとんです。

『人の心に灯をともす』より、
会社だけでなく、色々な会でリーダーに祭り上げられる人は、
自分の利よりも先に、公の利を先に考える人だ。
自分の損得がギラギラと出てしまうような人は、信用がない。
セールスなども同じで、売りたいという気持ちがミエミエの
人からは誰も買わない。
自分を勘定に入れず、人の利を先に考える人でありたい


店長店長アイコン

店長のこばとんです!!

日本リクルートセンターの調査によると、
一般企業で高く買っている能力は「社交性、協調性」であり、
低い評価は「専門性、基礎学力、一般能力」だそうである。
企業、特に大企業で買われているのは,親切でよく人の面倒を見、
人を育て、他の企業や機関とよく協力協調のできる人物である。
人間動員の実力といってもよかろう。
大企業のヘッドになっている人は、大体においてこういう人物である。
この「実力」をもたぬ人物は、どんなに頭が切れる知識が豊富、やり手
といった評価があっても、大組織の長にはなれない

頑張ろう

店長店長アイコン

店長のこばとんです!!

斉藤さんいわく、
挨拶をしたら挨拶を返されたい、と思うのが普通です。
でも相手から返答を気にせずにいる、「挨拶の達人」になりたいものです。
挨拶されるということは、気分のいいものです。
人が自分という存在を認めているということですから。
挨拶の達人は、人の気分をなごやかにする達人でもあるのです。

頑張ろう


by 店長店長アイコン  

店長のこばとんです。

斉藤さんいわく、
親しくなれば、皮肉や反論を会話にまじえても、というより、
そんな歯ごたえのある会話をかわすことが楽しくなるものです。

しかし・・・初対面の場合、この「しかし」は禁句でそのほか「とおっしゃいますが」とか「いやどうでしょうか」
など否定、反論のフレーズは「我が辞書にはない」としておくべきです

頑張ろう

by 店長

店長のこばとんです。

『人の心に灯をともす』より、
勇気が出ないのは、いろんなものを失いたくないから。
自分の仕事、地位、居場所、安定、給料、愛情、信頼、名誉、プライド、
命、家族、友達、安全、自由、平和・・・・・。
だからここから動きたくない。
だから何も変えたくない。
だから他人を責めることに全力をあげる。
だから会社や上司、体制を批判することに全力をあげる。
だから自分が変わらなくていいように、必死に正当化する。
でもそれも仕方のないこと。
だって、失うのは怖いもの。
しがらみ、意地、お金、ずっと守ってきた大事な価値観・・・・
捨ててもいいと肝をくくれば忽然(こつぜん)と勇気が湧いてくる

頑張ろう

by 店長店長アイコン

このページのトップヘ