カラオケで日本を元気にしたい!!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

斉藤さんいわく、
「相手の立場に立ってものを考えられる」ということは、
社会とうまく関わり、つながっていく為にとても重要なことだ。
こうしたら「この人はきっと安心するだろう」そういった視点で物事を
処することが出来るようになれば、社会の一員として有用な存在になれる。
企業で有用な存在になるには、気の利く社員、
リクエストにきちんと応えられる社員になること。
それが意識だ。
そのためには、「工夫」が必要であり、いい部下とはこの「工夫」がうまい
頑張ろう


by 店長店長アイコン