カラオケで日本を元気にしたい!!
ニュードレミファ蒲生店の小林俊男です!!

『人の心に灯をともす』より、
ある下半身マヒの女性がいました。
外出、お風呂やトイレでの介助など、すべてのお世話はお母さんの役目になっていました。
ある年の七夕パーティーが、ボランティアの人たちの手で開催されました。
彼女に「短冊はもう飾ったの?」と聞くと、
「はい、私の願いは一つだけなので飾りました。」と答えました。
そして「お母さんより一日だけ早く死ねますようにって書いたんです。」
私の世話をしなくてもいい日が、一日でもあって欲しいなって 
感動
お母さんの短冊には「娘より、一日長く生きさせて下さい。」
「それは楽をするためではなく、娘が安心して天国へ行けるようにと思いまして。
一人ではお手洗いにも行けない子ですからね。」 
号泣です
頑張ろう


by 店長店長アイコン