店長のこばとんです!

『人心に灯をともす』より、
人生とは不思議なもので、若い頃死にたいくらい嫌だと思ったことや
落胆した事、悲しかったことなども、年を重ねた後で考えると
「だからよかった」「そのお陰で今の自分がある」といようなことは
多くある。
本当は苦の中に幸せの種が蒔かれているのだが、それに気づかず
文句や不平を言ってしまうと、その種には芽が出ない。
苦にあってもその中でいいことを見つけ、それに感謝する人にだけ
芽が出て、幸せの花が咲く。
すべての苦労は自分を磨いてくれる磨き砂。
「だからよかった」と全てのことに感謝できる人でありたい。

頑張ろう

by 店長店長アイコン